So-net無料ブログ作成

カルカヤマコトの3年ぶりのニューアルバムをプロデュースしました!

久しぶりに書き込んだと思ったら、3日連続日記書き込みのシスターカヤです(笑)。


旧友カルカヤマコトの3年ぶりのアルバムをプロデュースしました。

マコトジャケ.jpg

「Cool Vibes -Makoto Karukaya's Cover Selections」
価格(税込): ¥2,625
リリース日:2008年11月26日
発売元:ジェネオンエンタテインメント(GNCL1182)
レーベル:ユニティレーベル

11月26日発売で、早くもiTunesレゲエ8位にチャートインしています。
http://www.apple.com/jp/itunes/whatson/music.html


彼女と初めて会ったのは7年前。
ジャマイカに向かう飛行機で成田空港からずーっと目に留まっていたドレッドへアの小柄な女の子。
マイアミ空港ロビーでも、エアジャマイカ乗り場でも、なぜか私の目に何度も何度も入ってくるので、思わず声をかけたのが出会いでした。

それがご縁で私のシストレンレーベルのコンピレーションCDに参加するためジャマイカのミュージックワークススタジオでレコーディング。
そのときも声のすばらしさに、ジャマイカ人エンジニアが「Wicked!」連発!

その後のジャマイカと日本を行き来しながらの、超個性的な彼女の大活躍は皆さんご存知の通りです。


7年たって、いまでは一男三女の大家族の母に成長したカルカヤマコトちゃん。リアルを身上としている彼女の生き方がさらにリアルになって、私の前に現われました。ガイダンスですね。レコーディング時は身重の妊娠7ヶ月。

写真にある家族総出で、神戸から東京に出てきて短期滞在してレコーディングを敢行。うちの子も居たんで、スタジオ子供だらけ(笑)!楽しかったよ!

スタジオでのマコトちゃんの集中力はさすが!短時間でバシッとクオリティー死守するまさにジャマイカンスタイル。
日本のゆるい何度でもやり直しのきく環境でしかレコーディングしたことないアーティストは見習うべきところ多い!こういうところがカリスマたる所以。ミュージシャンもエンジニアもスタジオ中がきっちり彼女の歌に引き込まれて集中するバイブスが生まれていた。



さて、肝心の内容のほうはオールドレゲエファンが泣いて喜ぶコアな選曲から、みんなが楽しめる洋楽POPSの王道まで、幅広い洋楽カバーをカルカヤマコトスタイルで歌い上げてます。

音は私の現在一押しの若手レゲエバンド“ジャマイカ一丁目RIDDIM”のこれまた最高なアレンジ、まじでいい味&いい仕事してます!Respect!
日本のレゲエミュージシャンはレベル高いぞ!!ジャマイカでも長く仕事してきた私が言うので間違いないよ!


みなさん、よろしくお願いします!!

http://www.sisterkaya.net



共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。